環境方針

  • 基本方針


    環境保護を経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、革新的な発電技術とソリューションにより、エネルギーの脱炭素化に貢献するとともに、事業活動のあらゆる面で環境への負荷低減に努め、世界中で持続可能な未来を実現する。

  • 行動指針


    1. 環境に配慮した事業活動の継続的推進のために、設計業務、調達業務、製造業務、プロジェクト運営、現地工事及び付帯するその他全ての業務に適用する環境マネジメントシステムを構築し運用する。
    2. 環境側面に関して適用可能な法規制及びその他の要求事項を順守して事業活動を行う。
    3. 省資源・省エネルギー・排出物の低減・汚染の予防に配慮した設計を実施し、ライフサイクルの視点で環境負荷を軽減することのできる製品の供給を図る。
    4. 環境目標を設定し見直すことで継続的改善を図り、環境パフォーマンスを向上させる。
    5. 環境推進委員会を軸として、責任と役割が明確な環境管理組織を確立し、環境マネジメントシステムの円滑な運用を図る。
    6. 社員及びグループ・パートナー会社社員に環境方針を理解させ、環境意識を向上させるために環境教育、社内広報活動等を推進する。
    7. この環境方針は、内外に公表するとともに一般の人々が入手可能とする。

    2020年9月1日