人材育成について

三菱パワーでは、経営理念の実現に向けて、一貫したポリシーで新入社員から経営幹部まで包含する教育体系を整備しています。プロフェッショナル人材として活躍するための教育基盤づくりを進めています。

職場においては、必要なタイミングで必要な研修を受講できるよう「効果的な研修」を提供しています。

また、上司と部下による対話を通じて、一人ひとりの育成プランを共有、明確化し、個人の成長サイクルを回していきます。
「個人の成長サイクル」と、「経営方針とリンクした教育施策のPDCAサイクル」を回すことによって当社の人材育成を推進し、グローバルNo.1プレーヤーを目指します。

index_im01.png

全社研修は、「事務技術職群」向けと「技能職群」向けの2つから構成されます。
全社研修以外に、各部門が主催する研修もあります。

index_im02.png

若手技能者の育成強化


当社では、若手技能者の育成に力を入れています。技能訓練生として入社した社員は、1年間の認定職業訓練を通して技能を学びます。
また、23歳以下を対象とした技能五輪全国大会へ挑戦しており、勝利を目指し限りなく実力を高めていくプロセスを通じて、更なる技能レベルの底上げを図ることを目的として育成しています。

技能五輪全国大会風景

index_im01.jpg
index_im02.jpg