健康への取り組み

従業員の健康保持・増進の考えや取り組みを紹介します。
なお、三菱パワーは、三菱重工グループの一員として健康経営を推進しています。

社員の健康


三菱パワーでは、社員が心身ともに健康に働ける快適な職場づくりと一人ひとりの健康意識を高めることによる疾病予防を目指しています。各種健康診断の実施とその結果に基づく保健指導や健康全般に関する相談等の活動を行い、社員が相談・利用しやすい環境を整えています。

体制


健康保持・増進に関する担当執行役員が、経営会議にて取り組み状況の報告を行っています。

課題と評価指標


「メンタルヘルス対策」と「生活習慣病対策」および「受動喫煙対策」等の強化を課題とし、メタボリック率、高ストレス職場数、受動喫煙率等を評価指標として取り組んでいます。

社員への各種健康教育の実施


一人ひとりが正しい知識のもとに自らの健康管理に取り組むため、各種労働衛生教育を行っています。

【教育例】
新入社員・管理職教育、職業性疾病予防・熱中症予防対策・AED救急法・生活習慣病対策・メンタルヘルス ・タバコの害等の教育

society_health01
熱中症予防教育の様子
society_health02
健康に関する相談・指導の様子
society_health03
消防隊員を招いて行ったAED・救急法講習の様子

健康診断後の事後措置


一定年齢に達した社員への集団健康教育や有所見者に対する介入指導を行っています。

作業環境への助言指導


産業医・衛生管理者・保健師による職場巡視を定期的に行い、職業病発生予防の観点から指導助言を行い、作業環境改善に取り組んでいます。

健康づくり活動の実施


自らの健康は自らまもる!をモットーに、運動をする習慣づくりのきっかけになる事を目指し、全国労働衛生週間の時期にあわせ健康づくり活動を実施しています。

長時間労働の防止


社員の長時間労働を防止するため、毎週「スーパー定時退場日」を設定し、各職場単位でも「定時退場日」を設けています。また、適正な労務管理の徹底とともに、長時間勤務者に対しては産業医面談や問診票による健康チェックを実施し、その結果を元に産業医から職務管理者への指導助言を行っています。

メンタルヘルス支援のための施策


メンタルヘルスに関する健康教育を管理監督者や社員に対し定期的に実施し、心身両面にわたる健康づくりに向けた啓発活動を行っています。また、健康管理センター内や外部相談員による相談窓口を設け、社員が相談しやすい環境を整備しています。
仕事上の悩みも含めて様々な悩みや不安の相談に対応し、問題の早期発見・早期対応を目指しています。

ストレスチェックの実施


社員全員を対象に、ウェブを利用した「ストレスチェック」を年1回実施しています。本人のストレス状態への気付きを促しセルフケアの一助にするとともに、集計した結果を職場ごとにフィードバックし、職場環境改善に役立てています。また、経営会議にも結果報告することで、トップダウンによる各種対応策への一助としています。

禁煙活動及び受動喫煙対策の実施


社会的にも禁煙への気運が高まるなか、以下のような禁煙活動を実施し、徐々に喫煙率が低下しています。

  • 喫煙者への禁煙の勧め(定期健康診断時等)
  • 5月31日の世界禁煙デーに合わせた啓発活動

改正労働安全衛生法等に則り、従業員の健康を守るために職場の受動喫煙対策に取り組んでいます。
「全社禁煙デー」を初年度(2018年度)は5月31日とし、6月から毎月22日に「スワンデー」を設定(注1)
(注1)「全社禁煙デー」、「スワンデー」は、受動喫煙防止の観点から会社でタバコを吸わないように努める日

society_health04
世界禁煙デー啓発の為のティッシュ配りの様子