品質方針

当社は、「品質・コスト・納期でお客様の満足と信頼を得る」との品質方針の基に、お客様の要求に応える製品づくりのため、品質マネジメントシステムの体制を整備し、2000年2月に品質保証の国際規格であるISO9001の認証を取得しています。

quality.jpg

ガスタービンの主要部品であるタービン動静翼用精密鋳造素材を生産している当社は、

  • 「品質・価格・納期でお客様の満足と信頼を得る」こと
  • 「QCDで競合他社を凌駕し、グローバルに事業展開を行う」こと

をめざし、お客様の要求に応える製品づくりの為に、品質方針を制定し次の課題に取り組んでいます。

  1. 激しい事業環境の変化に適応できる強固な経営基盤を構築する。
    生産対象製品を当社の技術、設備を最大限に活かせる大型、中型ガスタービン用動静翼素材に特化する。
  2. 製品品質(プロセス品質)を向上する。
    製品品質改善により生産性を向上させる。
  3. 短いリードタイムで且つJust in timeで供給する。
    全工程で決められた作業時間スケジュールどおりに生産する事で、工程間滞留をなくし短いリードタイムを実現する。

これらの課題の実現にあたり、従業員一人一人が次の姿勢でこれに取り組みます。

  • 全ての基本は安全な職場と従業員の健康であり、安全と健康を最優先で進める。
  • 個々人が自信を持って、各種課題解決まで粘り強く行う。
  • 緻密な事実把握と分析のもと、知恵を絞る。
  • 仕事を先送りせずに、やれる事からすぐにやる。
  • 個人プレーではなくチームプレーで解決する。
  • これまでの慣習に囚われず、新しいことに挑戦する。
  • 上位者は各人が行うこれらの遂行をサポートする。