ヘリカルスキャン水浸UT装置

水浸UTによる溶接部疲労割れ検出装置

概要

付鋼溶接部に発生する疲労割れは、減肉と並びボイラチューブの噴破事故の大きな原因となっておりますが、溶接部の検査にはケーシング・保温材の解体及び復旧など多大な付帯工事が発生します。そのためチューブ内に水を張るだけでボイラチューブの総合検査が可能なヘリカルスキャン水浸UT装置を開発しました。

事象

付鋼溶接部の噴破事例
付鋼溶接部の噴破事例
付鋼溶接部の検査推奨部位
付鋼溶接部の検査推奨部位

主な特徴

  1. 水浸UTによりボイラチューブの溶接部の割れ及び減肉を同時に検査する事が可能となりました。
  2. コンパクト化された検査システムにより、ボイラチューブに水を張るだけで簡単に検査が可能です。
  3. チューブの内面側より付鋼溶接部の検査が可能なため、従来のPT・MT検査で必要だったケーシング・保温の解体、復旧などの付帯工事が不要になります。
  4. 同時に5方向の超音波信号を高速回転させながら移動するため、溶接部に発生した周・軸割れ及び減肉を同時に、かつ隈無く検査可能です。

仕様

1 用途 ボイラ水管の精密検査
  • 付鋼溶接部の割れ検査
  • 肉厚測定
2 適用管サイズ 外径 φ63.5mm
注:上記以外の寸法では特注にて対応いたします。
3 検査速度 400mm/min (検査ピッチを1mmに設定した場合)
4 検査範囲 最大25m
5 適用曲げR R250mm以上
6 周方向検査ピッチ 0.5mm~ (任意)
7 軸方向検査ピッチ 1.0mm~ (任意)
8 検査精度 溶接部の探傷精度:放電加工スリット0.2mm以上検出
肉厚測定精度:±0.1mm
9 ユーティリティー

原理及び装置構成

システム概要
システム概要
検査装置外観
検査装置外観
検査原理
検査原理