アディティブマニュファクチャリング

三菱重工のアディティブマニュファクチャリング事業
アディティブマニュファクチャリング

新しい価値とカタチをつくる

アディティブマニュファクチャリングに最適の素材製造。
高強度ワイヤー製造を実現する独自技術。
三菱重工だから出来る、新しい価値とカタチの創造があります。

アディティブマニュファクチャリング(Additive Manufacturing:AM)は、3Dプリンティング技術などの積層造形技術を用いた製造方式のことを指し、今後のものづくりに大きな影響を及ぼすと言われています。その仕組みは、メタルパウダーまたはワイヤーをレーザ光によって一時的に溶融させ、その材料が冷え、次の材料層が堆積することにより、 3D 構造図に基づいた精度の高い造形物を成形すること。

三菱重工では、AMに最適な高性能粉末を開発し、これまでより精密な成形を実現しました。また独自のワイヤー製造技術により従来よりも素早い成形を実現するなど、ガスタービンビジネスで培った材料技術をコアに、粉末材の開発から最終製品まで付加価値の高い製品群を創出します。

動画


製品ラインナップ


AM-Zone®

2021年度グッドデザイン賞受賞
2021年度グッドデザイン賞受賞
審査員コメント「次の時代のものづくり・未来の工場の形として注目される、Additive Manufacturingの姿を探索する、意欲的なプロジェクト。安全、安心に運営するための情報管理や健康に配慮した粉末処理などの緻密な設計と同時に、地域や大学などの研究者達と連携するオープンファクトリーの構想など、新たなものづくりの姿へと業界をリードする、挑戦する姿勢も評価された。」

材料製造、成形、特性評価、コンサルティングワンストップサービスを提供。

AM材料素材製造から最終製品までの優位技術とシステムを提供し、材料素材、造形、評価 コンサルティングサービスなど、三菱重工の技術&サービスを体感できます。
AM-Zone®の所有する最先端技術をご活用いただけます。