AM(アディティブマニュファクチャリング)用高強度超合金ワイヤー

アディティブマニュファクチャリング

よりスピーディな造形を可能にする、ワイヤー製造技術。

三菱パワー独自の製造技術「MHプロセス」により、強く、加工がしやすい高強度超合金ワイヤーを実現しました。

概要

航空機エンジン部材レベルの耐熱強度を有する超合金ワイヤー。

用途

航空機エンジン、GT燃焼器、ST翼(650℃)、大型バルブ(高温高圧)、ST高圧車室

製品ラインナップ

  • USC800: 高強度溶接性良好Ni基合金
  • AD730® 航空機エンジンディスク材(注1)
  • Alloy939: 航空機エンジン静翼材、γ'相析出量35 vol%
  • Alloy738: 航空機エンジン動翼材、γ'相析出量50 vol%
  • Alloy247: 航空機エンジン動翼材、γ'相析出量70 vol%
  • COWALOY® 高強度Co基合金(注2)
  • 1Aubert & Duvalによる材料提供
  • 2大同特殊鋼による材料提供

超合金ワイヤーによる造形の仕組み

造形機のノズルからワイヤーを供給し、溶融した金属を積層させることにより、コンポーネントを整形。航空機エンジンやバルブの補修など、比較的大きなものを素早く造形します。

超合金ワイヤーによる造形の仕組み

三菱パワーの特許技術&加工技術を活用した高強度超合金ワイヤーが造形における様々な課題を解決しました。

  • 三菱パワー特許技術(MHプロセス)により、従来技術では製造できなかった高強度ワイヤーの製造を可能にしました。
  • 溶接補修の他、DED方式積層造形用材料として活用できます。
  • 特注材等、少量からの受注生産もご相談ください。ロッド形状/φ1.0~5.0mm×1~2m、ワイヤー形状/φ1.0~1.6mm×10m以上のご提供が可能

三菱パワーだけの高強度超合金ワイヤー製造技術
「MHプロセス」

三菱パワーだけの高強度超合金ワイヤー製造技術
三菱パワーだけの高強度超合金ワイヤー製造技術