蓄電・蓄エネルギーソリューション

Energy Storage Solutions

再生可能エネルギーの有効利用

風力発電や太陽光発電のような再生可能エネルギーは、世界中でますます大きなシェアを占めるようになり、これらが生み出す余剰電力を効率的に貯蔵する必要性が求められています。三菱パワーの蓄電・蓄エネルギー(ESS:Energy Storage System)ソリューションは、電力の供給量が多く需要が少ないときには蓄電し、供給量が減少し、かつ需要がピークに達した際に電力を供給できるシステムです。電力供給を安定化することで、送電網に負担をかけずに需要にあった電力供給を行います。

蓄電は様々な用途で使用されています。例えば、電力供給事業者は「ピークシェービング」と呼ばれる仕組みを利用し、電力価格が上昇した際にバックアップとしていた電力を供給することで、コストを埋め合わせます。またシステムの更新や業務改善のためのコストを埋め合わせることもできます。配電事業者は、ESSの活用により、システムの効率化が可能となります。

ESSには、その用途や貯蔵時間によって様々な技術があります。短時間の貯蔵には、充電式電池(リチウムイオン電池やフロー電池)、フライホイール、超電導磁気エネルギー貯蔵 (SMES:Superconducting Magnetic Energy Storage) 、ウルトラ・キャパシタなどが適しています。

一方、長時間のエネルギー貯蔵は、風力や太陽光を電気分解装置の電力として利用して発生した水素を貯蔵する方法が有効であり、数ヶ月間の貯蔵も可能です。

このような再生可能エネルギー由来の水素は、地下のタンクや洞窟に貯蔵することができ、必要に応じて電力に変換して送電網に供給されます。くわえて、二酸化炭素の排出もないことから、今最も求められているエネルギーの1つです。再生可能な水素を燃料とするガスタービンは、風力や太陽光の電力を貯蔵する最も費用対効果の高い方法の1つです。

三菱パワーは、ESSを一括請負契約(フルターンキー)で設置、または、お客様のパートナーとして技術を提供します。当社のミッションは、お客さまそれぞれのニーズに合わせた設計、最適化、最も効率的でコストパフォーマンスに優れたESSの技術を提供することです。

また、三菱重工グループの一員として、三菱パワーは、最新のAI技術と機械学習技術を統合し、ESSの充放電を最適化する高度な制御技術を提供できます。
英語版のみ:グリーン水素の詳細はこちらをご覧ください。(最新のエネルギー貯蔵)

大規模事業者向けESS

大規模事業者向けには、ESS向けに最適化した建屋も含めた蓄電システムを提供することができます。

ESS for Building Applications