TOMONI HUB

Analytics and Performance Center
サービス
TOMONI HUB Analytics and Performance Centers

TOMONI HUB

TOMONI HUBとは


TOMONI HUBは、遠隔監視機能に留まらず、三菱重工の多様なソリューション能力をつなぎ合わせることで、“お客さまと共に”設備価値の向上と脱炭素社会の実現に役立つサポートを実現します。「HUB」には、三菱重工の多様なサポートを総合ソリューションとして届けるために、お客さまとつながり、運転データ分析を通じて豊富な社内リソースとつながるという意味が込められています。

遠隔監視と高度な分析


運転保守のエキスパートが24時間体制で、世界各地のプラントの稼働状況を365日24時間リアルタイムに監視・支援しています。三菱重工は20年以上にわたり高度なデータ分析と診断機能を着実に拡充しており、例えば、ユニットトリップや運転負荷制限、エネルギー効率の低下、不要なメンテナンスの実施を回避するために、潜在的なトラブルの予兆検知や必要な是正措置の提案などのサービスを提供します。

TOMONI HUBのグローバルネットワークは、日本の高砂と長崎、米国フロリダ州オーランド、フィリピンのアラバン、ドイツのデュースブルグ(2021年の第3四半期に稼働予定)に5か所あります。各HUBはサイバーセキュア通信を使用しており、クラウドベースの分析、グローバルな当社経験と知識を組み込んだナレッジベースにアクセスできます。

TOMONI HUBは従来のスチームパワー発電所やガスタービンコンバインドサイクル発電所、再生可能エネルギー発電所、分散型電源、エネルギー貯蔵施設など、多様な種類のエネルギーシステムを支援します。

近年導入された新機能には、バーチャル技術による遠隔保守、検査および運転が含まれます。これら技術の多くは、高砂のTOMONI HUBから遠隔運転する世界で最もスマートな発電所である当社の実証設備複合サイクル発電所(第二T地点)で検証されています。

TOMONI HUBのグローバルネットワーク

Global netwok of TOMONI HUB.JP