Net IR-S型赤外線式火炎検出器

制御システム

概要

Net IR-S型赤外線火炎検出器は、火力発電所で求められている近代的監視制御システムのニーズに応えるため、これまで各地の発電所での導入事例が数多くあるIR-S型火炎検出器を、最新制御システムDIASYS Netmationと一体化し、バーナ制御システムの一機能として製品化した火炎検出器です。

Net IR-Sのセンサ本体は、従来のIR-Sセンサを使用しており、重油・石炭・ガスのいずれの燃料でも使用することが可能です。また、検出の信頼性・保守性・経済性も継承しています。

index_im01.png

さらに、判定回路部分はDIASYS Netmationのモジュールとして構成され、Netmationの上位系と結びつくことで、使いやすいインターフェースを実現。火炎検出器単独システムとして、バーナ制御装置と独立させた盤設計も可能です。

従来の火炎検出器を換装する場合、既存の機器を流用することができます。

機器名称 既設火炎検出方式
UV型 IR型
センサ本体 換装 換装
火炎検出器盤 換装 換装
センサケーブル 流用 換装
ガイドパイプ 流用 流用
冷却空気配管 流用 流用
冷却空気ファン 流用 流用

特長

高感度設計

新設計のセンサー回路でバーナ火炎を安定検出。未着火ゾーンを透して火炎を検出します。

検出範囲拡大

緩慢燃焼から高輝度炎まで安定検出する、従来製品の100倍のダイナミックレンジを有し、現場センサの感度調整が不要です。

メンテナンスフリー

ボールレンズの採用によりセンサ窓の清掃が不要となりました。

長寿命センサ

長寿命な半導体の赤外線センサ素子採用により、定期的な交換が不要です。

盤面数の削減

デテクタユニットは省スペース設計とし、盤1面で40コーナーを収容できます。

ボイラ設備の流用

換装工事では、ボイラ本体の工事は不要です。

ケーブルの流用

センサと盤間のケーブル換装は不要です。

システム構成

火炎検出盤

index_im02.png

Net IR-S型赤外線式火炎検出器

index_im03_0.jpg

火炎検出器盤

index_im04.jpg

フレームディテクタモジュール

フレームディテクタ本体

index_im04.png
index_im05.jpg

フレームディテクタ本体

index_im06.png

センサヘッドの断面図

重油バーナの例

重油バーナの場合、次のような例となります。

index_im07.png

仕様

センサ本体

センサ本体の仕様は下記の通りとなります。

形式 防爆(Exd II BT4)、防水形
寸法 全長 任意
ガイドパイプ 50A(40A)
検出波長 500~1100nm
許容温度 先端 400℃以下
ガイドパイプ内 200℃以下
アンプ部 60℃以下
冷却空気 風圧 炉内圧+150mmAq
風量 15Nm3/minセンサ

火炎検出器盤

火炎検出器盤の仕様は下記の通りとなります。

寸法 2,300mm(H)×810mm(W)×800mm(D)
構成
  • フレームデテクタユニット
  • 電源モジュール(2重化)
  • 2重化メディアアダプタ
  • ターミナルベースユニット
出力信号 火炎あり 1a
輝度レベル低 1a
電源喪失 1b
接点要領 DC125V / AC120V 0.5A
周囲温度 0~+50℃