排熱回収ボイラー(HRSG)

ボイラー

概要

排熱回収ボイラー(HRSG:Heat Recovery Steam Generator)は、熱効率が高くCO2排出量が少ないガスタービン複合発電プラントを構成する主要な機器の一つであり、ガスタービンの排ガスから極限まで熱を回収する熱交換器です。この熱は蒸気として回収され、発電用蒸気タービンの動力源となります。

HRSGの伝熱管に伝熱性能に優れたフィン付チューブを採用し、コンパクトな設計にすることにより、専有面積を低減します。

また、脱硝装置をHRSG内部に設置して、大気に放出される排ガス中の窒素酸化物を低減します。

index_im01.jpg

排熱回収ボイラー鳥瞰図

特長

高性能 / 高信頼性

1963年に三菱パワー初のHRSGを納入して以来、豊富な納入実績と運転経験に基づき、当社のHRSGの最適化を進めてきました。

発電プラントの高効率・大出力化に伴うガスタービンの大容量化や蒸気条件の高温・高圧化に対応し、高い信頼性を有するHRSGを製作・納入してきました。

高い経済性

当社のHRSGは、ガス竪流れ式(竪型HRSG)とガス横流れ式(横型HRSG)の2種類の形式を有し、また、確立された多様な組立・据付工法を組み合わせることにより、ご要求の輸送・立地条件に応じた最適な仕様の提案が可能です。

HRSG形式
index_im02.jpg

竪型HRSG

index_im03_0.jpg

横型HRSG

組立・据付工法(横型HRSGの例)
index_im04.jpg

ハープ工法

index_im05_1.jpg

ブロック工法

index_im06.jpg

モジュール工法

納入実績

  • 三重圧自然循環式(ガス横流れ式)
    index_im08.jpg
    納入先 株式会社 JERA
    プラント 川崎火力発電所2-2号,2-3号(日本)
    蒸発量 480t/h(高圧)
    140t/h(中圧)
    100t/h(低圧)
    蒸気条件 高圧過熱器出口 602℃/15.4MPa
    再熱器出口 602℃
    低圧過熱器出口 252℃
    運転開始 2016年
  • 三重圧自然循環式(ガス横流式)
    index_im09.jpg
    納入先 沖縄電力株式会社
    プラント 吉の浦火力発電所1号、2号(日本)
    蒸発量 203t/h(高圧)
    37t/h(中圧)
    33t/h(低圧)
    蒸気条件 高圧過熱器出口 550℃/11.0MPa
    再熱器出口 550℃
    低圧過熱器出口 232℃
    運転開始 2012年/2013年