レールマウント型Net IR-S

制御システム

概要

実績のあるIR-S型火災検出器とDIASYS Netmation自動バーナ制御装置シリーズとの融合によって生まれたコンパクトな火災検出器です。

特長

コンパクトで小規模ボイラに最適

モジュール部は手軽なDINレール取り付けで、収納盤は不要です。
少数バーナのボイラに最適なコンパクトサイズです。

index_im01_0.png

レールマウント型IR-Sの寸法

各種燃料に最適

ガス・重油・石炭のどの燃料にも使用することが出来ます。

index_im01.png

高感度設計

新設計のセンサー回路でバーナ火炎を安定検出。未着火ゾーンを透して火炎を検出します。

検出範囲拡大

緩慢燃焼から高輝度炎まで安定検出する、従来製品の100倍のダイナミックレンジを有し、現場センサの感度調整が不要です。

メンテナンスフリー

ボールレンズの採用によりセンサ窓の清掃が不要となりました。

長寿命センサ

長寿命な半導体の赤外線センサ素子採用により、定期的な交換が不要です。

システム構成

index_im03.jpg

レールマウント型Net IR-S

FXIRS01

火炎検出器専用機能モジュールです。