ボックスガバナ 3Ve

 

概要

ボックスガバナ3Veは蒸気タービンの制御に特化したシステムであり、幅広いタイプの蒸気タービンの制御に適用可能です。幅広いタイプの制御ブロックをレディメイドとして搭載することで短納期・低コストを実現しています。

Box Governor 3Ve-jp01.png
ボックスガバナ3Ve制御ブロック図の一例

特長

オンライン保守による稼働率の維持

稼働中のガバナを停止することなく、操作画面から各種パラメータ値変更が可能です。

変更部分以外の制御機能に影響を与えず、お客様設備の稼働率を維持します。

自己異常診断

ウォッチドッグタイマや電源供給監視、アクチュエータ出力の断線検知といった自己異常診断の機能を搭載しています。

機器構成

Box Governor 3Ve-01.jpg

操作画面(ヒューマンマシンインターフェイス)

監視・操作用の3.8インチ液晶操作パネルです。

制御するタービンの仕様に合うように制御機能の設定やPI(比例・積分)コントローラのパラメータ調整を実施できます。また、運転操作、運転状態の監視にも使用します。

制御部

蒸気タービン制御(演算処理、信号入出力処理)を行うIntel製CPUを搭載したコントローラです。